プロフィール

屋久島ツアーガイド ノブッヤック屋久島

プロフィール

1997年に屋久島に移住してきました。出身は長崎県の佐世保市です。

屋久島に住むまでは、インド、ネパールなどを放浪してました。屋久島の自然に魅せられ移住してきました。

屋久島の北西部の永田という所に居を構え、19年暮らしてます。

いなか浜の上で海と夕日を眺めながら、生活を営んでます。

エコツアーの資格は、屋久島認定ガイド cn46山岳エコツアー、シーカヤックツアー、リバーカヤックツアーとなってます。

屋久島観光協会所属、JRCAシーシニア、自動車2種免許、無線従事者免許証4級、

赤十字、消防の救急講習は毎年更新してます。

ニュージーランドの政府観光局などコネクションがあり、5年前に2週間滞在して植林の手伝いなどをやってきました。

屋久島とニュージーランドの北島のホキアンガと言う町が、世界初の姉妹木提携をしたところです。

 

 

 

冬には九州では久住山、久住中岳(九州8番目)などは、毎年登ってます。

今年は鳥取の大山に登りました。 アルプスや八ヶ岳、東北の蔵王などいろんな山に登ってます。

インドでは5000mぐらいのとこを2週間トレッキングしたり、3000m付近で1カ月滞在したりと山歴は30年はあります。

シーカヤックは屋久島に来てから始めました。綺麗な海でパドリングするのは、とても気持ちいいですよ。

いなか浜ではよくウミガメと遭遇するし、30年かけて成長して卵を生み出す。

アメリカなど旅をして、いなか浜にわざわざ卵を産むという奇跡。

一回は屋久島のいなか浜に来てみては、いかがでしょうか?

つい最近イスラエルの人が来て、産卵シーンがとても美しいと言ってた。

卵がツルツルしてたと感動してました。



 

 

2016年06月20日

宮之浦岳に登りました。

https://ameblo.jp/nobyak8/entry-12364905904.html

ブログのアドレスです。

ここにはちょっとだけ写真があります。

宮之浦岳はだいぶん雪が解けてるみたいで、山頂付近の歩道に少しあるだけです。

寒くなると途中の水が流れるところが、バキバキに凍ります。

時折り寒くなるので、アイゼンなどの準備があったがいいでしょう。

2018年04月01日